猫の医療辞典

肺水腫

(ハイスイシュ)

人に感染しない

分類:
呼吸器系の疾患>気管支・肺の疾患>肺水腫

肺に水がたまった状態になり、酸素と二酸化炭素の交換がさまたげられ、ひいては呼吸困難になってしまう病気です。肺水腫は、すでにかかっている他の病気と併発して発生することがほとんどであり、肺水腫だけ発生することはありません。症状は、軽い段階ではせきをする程度ですが、ひどくなってくるとせき、ゼーゼーという呼吸音、呼吸困難などといったかたちになっていきます。治療では、肺にたまった水を取り除くことが目的になりますが、薬を投与して尿として体内に出す方法などが用いられます。

主な症状

咳をする発熱呼吸困難

原因

既往疾患(低アルブミン血症、心不全、毒物の吸入、敗血症、播種性血管内凝固、肺炎など)

一般的な治療法

利尿剤の投与、気管支拡張剤の投与、酸素吸入、人工呼吸、血漿輸血またはコロイド輸液(低アルブミン血症)、対症療法

予後・予防に関して

予後は肺水腫の重症度と基礎疾患の治療状況に左右されますが、肺水腫発生初期に積極的に治療することによって予後を改善できます。

獣医師からのワンポイント

心不全等からおこることが多く、重篤な状態です。なるべく早く、診察 治療を受けてください

関連する病気

心疾患、肺炎、ネフローゼ症候群、肝硬変

この病気にかかりやすい犬

全猫種

監修:酪農学園大学獣医学部伴侶動物医療部門

【関連コンテンツ】

ニャンバーワン相談室